九州サイバーセキュリティシンポジウム
九州サイバーセキュリティシンポジウム九州サイバーセキュリティシンポジウム

プログラム

開催日:2019年3月22日(金)
時 間:13:00~20:30(受付開始 12:00)
会 場:別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ

2019.3.15現在

第1部 講演
司会:安田 幸弘(ハイパーネットワーク社会研究所)
13:00~17:45
(285分)
産業システムセキュリティの最新動向と、今企業が取り組むべき対策について、各界で活躍中の専門家がわかりやすく語ります。

  • 講演①「Society 5.0時代のサイバーセキュリティと産業システム」:
    河野 省二氏(日本マイクロソフト株式会社 チーフセキュリティオフィサー)

  • 講演②「製品セキュリティの取り組みについて」:
    林 彦博氏(パナソニック株式会社 製品セキュリティセンター 製品セキュリティグローバル戦略室 室長 兼 Head of Panasonic PSIRT)

  • 講演③「コネクティッドカーに潜むリスクとセキュリティ対策」:
    井上 博之氏(広島市立大学大学院 情報科学研究科 准教授)

  • 講演④「九電グループが取り組むサイバーセキュリティ対策 ~ずっと先まで明るくしたい~」:
    岡山 秀行氏(九州電力株式会社 テクニカルソリューション統括本部 情報通信本部 サイバーセキュリティ対策室長)

  • 特別講演「産業分野におけるサイバーセキュリティ政策」:
    奥家 敏和氏(経済産業省 商務情報政策局 サイバーセキュリティ課 課長)
◇スポンサーセッション
  • 「合理的、効果的なセキュリティ人材育成の留意点と事例」:
    板見谷 剛史氏(CompTIA シニアコンサルタント)

  • 「セキュリティが考慮された社会システムへの取り組み」:
    淵上 真一氏(日本電気株式会社 サイバーセキュリティ戦略本部 マネージャー)
※上記、プログラム中に「休憩」が入る予定です。
17:45~18:30
(45分)
休憩
第2部 ネットワーキングセッション
司会:安田 幸弘(ハイパーネットワーク社会研究所)
18:30~20:30
(120分)
第2部では、スペシャルゲストを迎え、立食形式で交流会を行います。
今後のシンポジウムのあり方について、開催時期や場所などの意見を交換するほか、皆様の関心ごとや課題を共有し、交流を図るための "テーブルセッション" を行います。

テーブルセッションでは、第1部の講演者の皆様に加え
 名和 利男氏(株式会社サイバーディフェンス研究所)、
 桐山 隼人氏(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社)
がモデレーターに加わります。

下記の6つのテーマを設け、各テーブルのモデレーターを中心に、これからの産業サイバーセキュリティへの取り組みについて、語り合っていただけます。
  • つながる自動車(井上 博之氏)
  • スマートxx(林 彦博氏)
  • 必要な人が足りない!?(板見谷 剛史氏)
  • 海外事例に学ぶ重要インフラへの攻撃(名和 利男氏)
  • これからのICT環境(桐山 隼人氏)
  • 九州の今、そして未来(岡山 秀行氏)
また、第2部には各分野のエキスパートがご参加される予定です。
  • 九州大学大学院システム情報科学研究院 教授 櫻井幸一氏
  • 九州工業大学工学研究院情報科学センター 准教授 中村豊氏
  • 情報処理推進機構 産業サイバーセキュリティセンター 小林和真氏
  • アジア太平洋地域ITSフォーラム2018 福岡大会実行委員会事務局長 浦正勝氏
  • セキュアスカイ・テクノロジー 会長 乗口雅充氏
  • QTnetクラウドセキュリティプロジェクト 部長 江川哲也氏
皆様との語らいを楽しみにしておりますので、積極的なご参加をお願いいたします。

※今後の調整によりプログラムが変更になる場合があります。
※同会場で、無料セミナー「(ISC)² SSCPチャレンジセミナー」を開催します。

ページのトップへ戻る