九州サイバーセキュリティシンポジウム 2020.3/18(水)、19(木)開催
九州サイバーセキュリティシンポジウム九州サイバーセキュリティシンポジウム

プログラム

詳細が決まり次第、更新していきますのでご期待ください!

テーマ:産業サイバーセキュリティを考える 守れ!サプライチェーン


特別開催(3月19日) 11時~18時予定
11:00~
 11:05
委員長あいさつ  尾家 祐二 委員長
11:05~
 11:10
本プログラム注意事項
11:10~
 11:50
基調講演(1)

「産業分野におけるサイバーセキュリティ政策」

経済産業省 商務情報政策局 サイバーセキュリティ課 課長  奥家 敏和氏

あらゆるものがIoTでつながる「Society5.0」、 「Connected Industries」の実現に向けて産業社会が変容する中で、新たな形の産業構造に潜むリスクを洗い出し、 サプライチェーン全体としてサイバーセキュリティ対策に取り 組む必要があります。 本講演では、当省で取組を進めるサイバーセキュリティ政策の概要をご説明します。

11:50~
 12:00

『ゴールドスポンサー』
株式会社QTnet

『シルバースポンサー』
ジュニパーネットワークス株式会社 / Sky株式会社

12:00~
 12:40
特別講演

「サプライチェーンを守るためのレジリエンス」
奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 教授 門林 雄基氏

近年、大きなサイバーインシデントに関する事故調査が進んだ結果、サプライチェーンを守ることの重要性が認 識されつつあります。
サプライチェーンへの取り組みにおいては、大企業や中央・本社を中心としたセキュリティ対策への取り組みに 加えて、中小企業や地方・支社でのセキュリティ対策への取り組みが求められています。
本講演では、このための鍵となるレジリエンスという考え方を紹介し、レジリエンス向上に資する取り組みについて紹介します。

12:40~
 13:15

『ゴールドスポンサー』による企業プレゼン

「仮想環境でのトライ&エラーで、サイバーセキュリティに「学び方改革」」
CompTIA日本支局
「QT PRO BUSINESS LABEL」
株式会社QTnet

『ゴールドスポンサー』
日本電気株式会社 / 株式会社インターネットイニシアティブ / 株式会社ラック /

『シルバースポンサー』
株式会社BCC

13:15~
 13:55
基調講演(2)

「地域におけるサイバーセキュリティ人材の育成」
 総務省 サイバーセキュリティ統括官付参事官  赤阪 晋介氏

サイバーセキュリティ人材の育成が喫緊の課題となっている中、特に地域における人材の不足が顕著な状況となっています。
総務省では、サイバー攻撃を受けた際の実践的な対処能力を身につけるための防御演習を、地方公共団体やサプライチェーンを担う地域企業等も対象として実施しているほか、 地域において人材育成の自律的なエコシステムを形成するためのモデル事業等に取り組んでおり、それらの概要についてご紹介します。

13:55~
 14:00

『ゴールドスポンサー』
CompTIA日本支局

『シルバースポンサー』
株式会社ブロードバンドセキュリティ
14:00~
 14:40
講演

「情報漏洩がおきたらどうなる? 現場対応と法的観点から
~事故の発生から解決までを経験した弁護士からのメッセージ~」
稲垣隆一法律事務所 弁護士 稲垣 隆一氏

情報漏洩がおきたらどうなる?金銭的な被害だけでなく、利用者や取引先からの信頼失墜、 ブランドイメージの低下など、企業価値が大きく損なわれることは想像に難くありません。 さらに、業務責任や役割が不明確なことによる対策の遅れや誤り、事実隠蔽など、不誠実な対応が事態の悪化を招き、経営に致命的なダメージを与えるケースも見られます。 事業継続に与える影響を最小限に抑えるには、企業にとって必要な危機管理を過去から学び、備えることが必要です。事例をもとに「情報漏洩発生から解決まで」を弁護士の経験を交え講演いたします。

14:40~
 14:50

『ゴールドスポンサー』による企業プレゼン
「Webセキュリティの専門集団 SSTについて」
株式会社セキュアスカイ・テクノロジー

14:50~
 15:30
講演

「大分銀行におけるサイバーセキュリティ対策の取り組みについて」
大分銀行 事務統括部 副部長 川上 久仁氏

金融機関を標的としたサイバー攻撃は大変多く発生しており、 大分銀行でも日々不審なメールの受信やコーポ レートサイトへの不正アクセスと思われる通信を検知しています。これまで、「やられるかもしれない」ではなく 「いつやられるか」との危機感を持って取り組んできた各種対策についてご紹介します。

15:30~
 15:40

『ゴールドスポンサー』による企業プレゼン
「セキュアSD-Branchのご紹介 **ネットワークの可視化 + セキュリティ**」
フォーティネットジャパン株式会社

15:40~
 16:20
講演

「インシデントビッグデータからみるセキュリティ対策の効果」
 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 教授 菊池 浩明氏

サイバーインシデントを抑制するためにISMSをはじめとする多くの対策が取られています。 しかし、コストに見合う効果があるのかどうかが不明確でした。 本講演では、JNSAインシデントデータセットや企業社会責任CSR データセットなどのビッグデータ分析に基づき、これらセキュリティ対策がインシデント発生による被害をどれだけ抑制できるかを解説します。

16:20~
 16:30

『ゴールドスポンサー』による企業プレゼン
「地域中小規模向けセキュリティへの取り組み」
日本電気株式会社

16:30~
 17:10
講演

「既存のセキュリティ対策を台無しにするサイバー攻撃の増加」
 サイバーディフェンス研究所 理事/上級分析官 名和 利男氏

17:10~
 17:15

『ゴールドスポンサー』
株式会社セキュアスカイ・テクノロジー / フォーティネットジャパン株式会社

17:15~
 17:55
講演

「制御システムにおけるインシデント対応とレジリエンス」
東京大学大学院 情報学環 特任准教授 満永 拓邦氏

近年、社会インフラや産業システムに影響を及ぼすサイバー攻撃の事案が海外で発生しています。 そのようなサイバー攻撃に備えて、我が国でも防御力の強化、インシデント対応能力やレジリエンス(復元力)の向上を図る必要があります。 本講義では、IPA産業サイバーセキュリティセンターの取り組みと併せて、制御システムにおけるインシデント対応とレジリエンスについて紹介します。

17:55~
 18:00
クロージング
※今後の調整によりプログラムが変更になる場合があります。

ページのトップへ戻る